本文へスキップ

まつ坂は、栃木県大田原市のとちぎ和牛提供店です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0287-23-6275

〒324-0047 栃木県大田原市美原1-6-6

支えてくれる方々SUPPOTER


磯 博樹(2018年12月)


今回使用の大田原産とちぎ和牛は、北金丸の磯 博樹さんが、丹精込めて育てた牛です。 現在140頭肥育し、年間80頭以上出荷します。優れた諸先輩の方々の知恵や技術を取り入れつつ、前向きにがんばっている二代目若手経営者であります.
枝肉格付けA-5 BMS9です.

― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 有限会社 グリーンハートティアンドケイ 様

(有)グリーンハートティアンドケイ(2018年11月)


今回使用大田原産とちぎ和牛は、(有)グリーンハートティアンドケイ肥育です。会長の津久井富雄氏は、大田原市市長さんです。
 とちぎ和牛の素晴らしい和牛をお届けいただきました。「市長さんの作られたブランド和牛」のおいしさを身近にお届け致します。お気軽にご賞味ください。お待ち致しております。

― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 菊池 和彦 様

森 修一様 (2018年10月)


今回使用大田原産とちぎ和牛は、大田原市実取の森修一氏の肥育です。
今年度より、JAなすの理事に就任し活躍を期待されています。
A 5ランクでBMS9格付けです。
当たりの柔らかい適度なサシ入り、「名人」の称号に違わず素晴らしい和牛です。

― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 阿久津 英寿様

手塚 平様 (2018年8月)


今回使用大田原産とちぎ和牛は、 大田原市荻野目・手塚 平氏です。
A -5・BMS9です。
現在、JAなすの理事としても活躍中の方でいらっしゃいます。 23歳から和牛肥育経営に取り組み、この間に数々の賞を、授与 されております。 積み重ねた時間と経験は、大きな技術として、 すこしずつ伝承されています。

― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 五味渕 裕司様

五味渕 裕司様 (2018年7月)

店内イメージ

今回使用大田原産とちぎ和牛は、大田原市湯津上の五味渕裕司氏です。 地元では、和牛作りの名人として有名です。
枝肉格付けA-5 BMS9のとちぎ和牛、一つ一つ吟味しながら使用させていただきます。





― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 JA東日本くみあい飼料 様
とちぎ
和牛も使用しています。―

佐藤 和徳様 (2018年6月)

店内イメージ








今回使用の大田原産「とちぎ和牛」は、大田原市湯津上・佐藤和徳氏生産です。A5 BMS8です。自然関環境豊かな湯津上、市場の評価も高いものもあります。自ファーム内で繁殖、肥育のできる和牛経営をされています。現在は約60頭を管理され、年30頭程が出荷ペースということです。家族一丸で農場・農業経営に取り組めるのが最大の強みとの事で、和牛はもとより、同時に生産されているコシヒカリ米・天狗ニラ等は市場の高い評価を受けていらっしゃいます。

磯 泰雄様 (2018年5月)



今回使用大田原産とちぎ和牛は、磯 泰雄さん。肥育生産30数年の大技術者で、60頭肥育し、東京市場に年40頭出荷するそうです。その牛ごと(個体)に合わせた飼料とストレス解消に最大限の注意を払うことです。よく食べしっかり育つ牛=良質の牛とのことです。A5 BMS 9 のブランドの素晴らしい和牛で

― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 JA東日本くみあい飼料 様
〇 桑原 要 氏
〇 市村 進 氏

桑原 要様 (2018年4月)



今回使用大田原産とちぎ和牛は、大田原市若草・桑原 要氏肥育の牛です。
名人と言われたお一人です。数年間ほどスランプが、ややあったようですが、最近では徐々に当たりがでてきてるようです。今回肉用牛枝肉共励会において優等賞を獲得しました。

― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 JA東日本くみあい飼料 様
〇 菅野谷 悟 氏

津久井 一浩様 (2018年2月)



今回使用大田原産とちぎ和牛は、大田原市上奥沢・津久井一浩氏肥育です。
とちぎ和牛匠認定A5BMS9のブランド和牛です。津久井氏は、昨年、積み重ねてきた技術と研究心で、第11回全国和牛能力共進会宮城大会(別名「和牛のオリンピック」)において、優等賞を獲得しました。

― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 佐藤 和徳氏
〇 熊田 正和氏


熊田 正和様 (2018年1月)



今回使用大田原産とちぎ和牛は、大田原市奥沢の熊田正和氏肥育です。
A5ランクの当たりが柔らかい素晴らしい和牛という、仲卸業者さんの評価です。

― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 佐藤 和徳氏
〇 ウエルシーファーム 様


新江 和平様 (2017年11月)



今回使用大田原産とちぎ和牛は、北金丸の新江和平さんの牛たちです。長年、ブランド和牛肥育を研究、情熱を注いでこられた新江さんですが、3
でも、新江さんには、大きな夢があります。「日本一の和牛を肥育すること。」です。ブランド和牛独自の甘味を(特に重視しております。恵まれた環境の中、ぜひ奥様と二人三脚で夢を実現してください。


― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 森 修一氏
〇 磯 泰雄氏
〇 池沢 保人氏



手塚 平様 (2017年10月)


今回使用大田原産とちぎ和牛は、 大田原市荻野目・手塚 平氏です。
A -5・BMS11です。
現在、JAなすの理事としても活躍中の方でいらっしゃいます。 23歳から和牛肥育経営に取り組み、この間に数々の賞を、授与 されております。 積み重ねた時間と経験は、大きな技術として、 すこしずつ伝承されています。

― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 田野 良行氏
〇 那須拓陽高等学校 様


木下 智昭様 (2017年9月)


今回使用大田原産とちぎ和牛は、大田原市富士見の木下 智昭氏の生産牛です。お肉の格付けは、A-5・BMS9 です。
とちぎ和牛の上品な甘みと至福の味をお楽しみください。


― 部位によって下記の生産者のとちぎ和牛も使用しています。―
〇 熊田 正和氏
〇 手塚 平 氏


池沢 保人様 (2017年8月)


今回使用の大田原産とちぎ和牛は、大田原市親園・池沢保人氏生産牛です。池沢さんは、父正美氏より技術伝承を受け、肥育専業ついて3年、勤勉、堅実さは、まさに父親譲りです。
 今回の和牛も、血統にこだわり、ゆっくりじっくり愛情を込めて育て上げる事を信条に肥育されているそうです。
今回、納品されたものは、 A5 BMS9です。


JA東日本くみあい飼料株式会社様 (2017年6月

料理イメージ今回使用大田原産とちぎ和牛は、湯津上にありますJA東日本くみあい飼料株式会社です。こちらの農場は、7年前に開場した大規模実証実験農場です。飼料の配合、および与える量、血統、買い入れ価格の高低など、1頭1頭の日々の肥育データを積み重ね、成育状況の成果を実証実験しています。
広大な敷地に、防疫面、衛生面においてほぼ完ぺきな牛舎が配置されています。現在、出荷前の子牛、交雑種の肥育委託を含め600頭の牛たちを、永山場長を中心に6人のスタッフで実務を切盛りしています。

地産地消へのこだわり

大田原市を含め、栃木県は山や川など豊かな自然に恵まれ、農作物には最適な環境です。その環境で収穫された、トマト、なす、ねぎ、レタス、にんじん、いちご、うどなど取れたての農産物を使った料理をお客様に提供して、そのおいしさを味わって大田原市の良さを実感してほしいです。


shop info.店舗情報

まつ坂

〒324-0047
栃木県大田原市美原1-6-6
TEL.0287-23-6275

営業時間
(ランチタイム)
11:30〜13:45(ラストオーダー)
(ディナータイム)
17:30〜20:30(ラストオーダー)